20160615

父が亡くなりました。

母がずっと付き添っていて、私が帰った日からみるみる衰弱していったことが申し訳なかったなぁ。
私が戻ることを知り安心したからとはいえ、最期が近くなることは望んでるわけじゃないし。

あまり話ができなかったのも残念。

そして、最期の最期、まさか私が看取ることになるとは思わなかったから、ものすごく罪悪感。

朝を迎えるかもしれないと感じて、母を休ませてあげたかったから、マッサージと仮眠をさせてあげてたら、サラッと逝ってしまった。
あんなに沢山付き添って、毎日毎日マッサージしてた母に別れの挨拶もせずに。

最期の言葉は声にならなかったけど、受け取るのは私じゃ駄目じゃないか。

それと弱々しい腕を必死に上げて挨拶してたのに、また暴れてると思って押さえつけてしまったこと、本当に後悔してる。

最期の言葉はなんだったんですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA